北海道コンサドーレ札幌の課題と克服

ルヴァンカップが本日で終わりました。
ルヴァンカップの収穫と言えば、チャナティップの日本デビュー戦としての舞台となった事と、ビックリするほどリーグ戦スタメンメンバー以外が存在感を発揮できず、もし今年J1残留できたらスタメン以外総とっかえが必要、というぐらいですかね。

さて、今週末からリーグ戦が再開されます。
約3週間の中断期間で札幌がどの程度ブラッシュアップできたのか、今週末の浦和戦で判明するわけですが、浦和戦に先駆けて、今の札幌の課題と、課題を克服する試案を書いていきたいと思います。


札幌の課題とは?

①守備時の3ボランチ
守備時は5バックとなる事から、中盤は3ボランチで守る必要がある。
ボールがサイドに流れた際、3ボランチはボールのあるサイドに動き、ボールサイドのボランチがサイドハーフのような働きをする。
相手が速いパス回しで何度もサイドチェンジした場合、3ボランチが何度も左右に動かされ消耗するとともに、サイドへの移動が遅れると3ボランチの脇にスペースが生まれて、そこを起点に攻められてしまう。
または3ボランチの位置がルーズになり中央にスペースを空けてしまい、そこを起点に攻められてしまう。


②攻撃時のWB
札幌の得点パターンとしてカウンターを用意しているが、守備時に5バックの位置にいるため、そこからボールを奪ってもWBが上がるまで時間がかかってしまう。
そのため、2トップ+気の利いたボランチ数人での攻撃に終始する事になる。
サイドからの攻撃が遅攻の時しか効力を発揮しないため、得点パターンが限られてしまう。



この2点です。
2点とも札幌のシステム『5-3-2』に起因する問題です。
私は以前から『5-3-2』(J2では5-2-1-2)以外の戦い方を用意すべきだと思っていて、さらに「今年はさすがに5-3-2以外も用意するだろう」「ルヴァンカップは新システムを試すには絶好の場だよね」なんて思っていましたが、結局は5-3-2のみという状況です。

今の札幌のシステム『5-3-2』は四方田監督が選んだ『能力の高い選手を順番に11人並べた』システムと言い換えても良いものです。
特に守備時は組織的守備が存在せず、個人能力に頼った状況が去年から続いているため、能力の劣る選手が1人入るだけでチームパフォーマンスは一気に下がりますし、能力の劣る11人で出場したルヴァンカップは絶望を観客に与え続ける結果になりました。


J2ではこれでも戦えていましたが、J1ではさすがに戦えていません。
このままの戦い方では「惜しい」「戦えてるな」という見かけの試合はこの先もあるでしょうが、勝ち点を積み重ねる事は難しいと感じています。

じゃあどうすればいいの?
を次から書いていこうと思います。
あ、、、単なる趣味と妄想です。



課題に対する克服方法試案

3週間の中断期間でも『5-3-2』以外の方法を用意できなかったと仮定します。
すると中断期間後も『5-3-2』が基本システムとなります。

これをベースに考えてみたいと思います。

守備時、今までは無条件に、どこにボールがあろうと両WBは最終ラインに入り5バックを形成していました。
これを
『ボールサイドのWBは最終ラインに入り、ボールと逆サイドのWBはサイドハーフとして振る舞う』
に変更します。
これにより疑似的に『4-4-2』に近い形になります。
そして3ボランチは今まで通り、ボールサイドにスライドして、ボールに一番近いボランチがサイドハーフのような振る舞いをします。

これにはいくつか利点があって、
まずはボールサイドのWBは最終ラインに入るため「最終ラインの裏を抜かれる」という5バック当時時の目的は達成されます。
また、ボールサイドのボランチがサイドハーフとして振る舞い、結果2人でサイドを守る、という当初の方針は守られたまま。

違いは相手にサイドチェンジをされた時。
中盤はボールと逆サイドにWBがいるため『3ボランチがすぐさまボールサイドに寄らないとスペースが空いてしまう』という欠陥が防がれます。
また、WBがサイドハーフの位置にいるため浅い位置で相手に当たる事が可能になります。
これによりサイドチェンジされた際に多発していた『WBが深い位置から飛び出そうか迷っているうつに運ばれる』『WBの代わりになぜかサイドのCBが上がって対処する』という事が軽減されます。
WBがサイドハーフの位置で相手に当たっている間に多少なりとも時間ができるため、3ボランチのスライドが楽になります。

また、最終ラインもボールサイドに寄る事によって、ボールサイドのCBがWB的振る舞い、中央CBと逆サイドCB+逆サイドWBが疑似3バックを形成でき、ボールサイドでの人数不足はなくなります。


これは攻撃時にも有効で、
ボールと逆サイドのWBはサイドハーフの位置にいるため、ボールを奪った後の預ける先が『2トップ』から『2トップ+逆サイドのWB』に的が増えます。
人が寄っていたボールサイドから、高い位置を保っていた逆サイドのWBにボールを預ける事で、一気にカウンターのチャンスが増え、サイドからのクロスに2トップが豪快にネットを揺らす、というシーンが増える事でしょう。



ただ、この疑似『4-4-2』システムは両WB、そして両サイドのCBに複雑な動きを求めるため、なかなか難しいと思いますが、今の『5-3-2』をベースに課題を克服するにはこの方法しかないんじゃないかなぁ、、、と思っています。



まぁ、、、今の札幌の一番のネックは、四方田監督は『分析家』であり『育成者』なんだろうけど『戦術家』ではない、という事なんですよね。。。

今年は個人能力で何とか耐え忍んで来季に良い監督を連れてくるしかないのか、、、と思うと軽く暗くなるので考えない事にしときます。

【J1第18節】大宮アルディージャ戦短評

★J1第18節★

【会場】
NACK5スタジアム大宮(埼玉県)
2017年7月8日19:00キックオフ

【スコア】
 コンサドーレ札幌 2-2 大宮アルディージャ


【得点】
(大宮)47分 大前
(大宮)49分 江坂
(札幌)81分 福森
(札幌)90+6分 福森

20170708212147
20170708213646

J1残留のために:あと【6勝10敗】



スタメン・ベンチ・途中交代


20170708212201
20170708212210

札幌のシステムは3-5-2。
CBは右から菊地、河合、福森。
ボランチは右から兵藤、荒野、宮澤の3ボランチ。
WBは右にマセード、左に早坂。
2トップは菅とヘイス。

後半、河合に代わって小野が入った事により、疑似的に4-3-3のようなシステムになっていた模様。



得点・失点まとめ


【47分・失点シーン】
札幌ゴール付近からの大宮のロングスロー。
ゴール前に入れられたボールを大宮の選手がヘッドで流し、大宮の江坂がシュートするも福森がブロック。
こぼれたボールはエリア内後方で待っていた大前の元に転がり、フリーの状態でダイレクトで打たれ失点。

【49分・失点シーン】
大宮のGKがボールを持ちパントキック。
札幌の最終ラインに入ったボールに対し河合が大宮の選手と競り合うが簡単に負け、前にボールを入れられる。
ボールを受けた大宮の選手に福森が寄せるが真ん中に折り返され大前がフリーでシュート。
これはソンユンがなんとか止めたが、こぼれたボールを江坂に決められあっという間に2失点目。

【81分・得点シーン】
大宮のゴール前でマテウスがボールを抱え込みハンドを取られフリーキックのチャンス。
多少右寄りの真ん中からのフリーキックに対し、小野と福森が並ぶ。
どちらも蹴りそうな素振りを見せつつ、福森が蹴ったボールは低い、右にカーブする弾道を描きながら大宮GKの手をかすめ、札幌から向かって左隅に決まる!

【90+6分・得点シーン】
大宮のゴール前で小野がシュートを放つ。
シュートをブロックした大宮のマテウスがボールをキープし駆け上がろうとした時に手に当たりハンド、札幌のフリーキックのチャンス。
札幌から向かって左側からのフリーキックに対し、今度は福森とヘイスが並ぶ。
キック直前に上原も投入されボールを上げて空中戦、という選択肢も増える。
その中で福森が直接狙う。
札幌から見て壁の左側をボールがかすめながら速く、そして大外から巻いて落ちるような弾道でゴールに吸い込まれ同点!!



試合のポイントまとめ


この時点で15位の札幌と、16位の大宮。
残留争いのライバル同士の一戦は、なんとか引き分けに持ち込み、そして残留圏をキープした試合でした。

この試合のポイントは3つ。


【ポイント①:迷い続けて破綻する守備組織】
この試合、横山が契約上の理由で出場できず河合がスタメン。都倉は累積警告で出場停止、代わりに菅がトップに入る布陣。
ずっと当ブログで書いている札幌の守備組織の崩壊、この試合も顕著に表れていました。

この試合では、守備時には兵藤、または宮澤が前線に上がり5-2-3のような布陣になる事が多々ありました。
特に序盤は前線からのプレスの勢いがあり、イケイケな守備意識。
ただし、真ん中のヘイスはそれほど連動せず、さらに菅は勢いはあるけどパスコースを限定するような守備ではなく、奪いに行く守備のため簡単に交わされるとあっという間に中盤にボールを入れられてしまいます。
すると中盤は荒野と宮澤の2人だけ。
普段は一生懸命ボールのあるサイドに寄るんですけど、この試合はそのあたりが非常にルーズ。
特に荒野は守備時行方不明状態が多発。
これにより、最終ラインは5人いるけどまったく機能せず、「人数はいるのに簡単に真ん中をこじ開けられピンチ」という場面が前半開始早々から何度も発生します。

何度も何度も書いていますが、札幌の堅守の正体は『個人能力任せの守備』です。
組織的に守る、守備戦術に優れているという堅守ではありません。
だから個人のパフォーマンスが落ちると途端に守備は崩れ去るのですが、この日も兵藤、荒野のコンディションが悪いのかポジショニングが悪く、札幌の右サイドを何度も切り裂かれてピンチを招くという状態でした。

さらにこの日は横山ではなく河合。
河合は去年ですらほとんど出場機会がないのに、J1のスタメンはキツいです。
自分の事で精いっぱいであるため、目の前の3ボランチが崩れていても特に指示する事はなく、自分の前にやってきたボールをクリアするだけの簡単なお仕事に終始します。

このような状態でもなんとか前半は無失点に抑えましたが、後半早々、空中戦で負けゴールエリア内でフリーの選手を作ってしまい1失点目。
さらに何でもない相手GKからのロングボールを河合が競り負け簡単に2失点目。

その後も、何度もカウンターからピンチを招いてしまいます。

個人能力が低下してしまうとこうも簡単に失点してしまう、それを改めて見せつけられた試合でした。
今の5バックシステムは、守備に重点を置きながらも個人能力頼みであるためパフォーマンスが下がるとすぐに破綻してしまうという状態。
さらにこのシステムは3ボランチの献身的な運動量と連動した動きを前提としているため、3ボランチのパフォーマンスが下がるか連動した動きができなければ、またもや破綻。
さらに、5バックの真ん中、横山の代わりが河合しかおらず、河合がスタメンで出た時点で試合開始前から破綻が決定的、といういくつもの課題が噴出しています。

この試合が終わったところで長い中断期間に入ります。
本来ならシーズン始まる前から5-3-2に代わるシステムも用意しているのが普通ですが、今の札幌は5-3-2以外の戦い方を持っていません。
ルヴァンカップあたりは絶好の試験のチャンスでしたが、リーグ戦と同じシステムを使い続け、結果「スタメン以外は使えないね」という確認しかできていない状況でした。

ぜひこの中断期間で今までの課題を洗い出し、その課題を一つ一つ潰していく作業に費やしてほしいと思います。
その結果、現状の5バックシステムを捨てる、という選択肢もアリだと個人的には思っています。

とにかく現状のままではあまりに厳しい!!!


【ポイント②:誰が出ても戦術都倉
この試合、都倉がいない事は1週間前からわかっていました。
だから、都倉がいない状態の戦い方をするのかと思いきや、、、

都倉がいないのに戦術都倉一辺倒

一応念のため『戦術都倉』を説明すると、最終ラインからの組み立てを放棄して前線にアバウトなボールを投げると、都倉が体の強さを生かしてなんとかしてくれそう、という期待が持てる、そんな戦術の事です。

この日の前線はヘイスと菅。
ヘイスはポストプレーが上手く、競れば大抵マイボールにしてくれますが、都倉のように何が何でも競るというタイプではありません。
菅は気持ちは都倉並みですが、いかんせん背が小さい。。。

そんな前線に向かって河合率いる最終ラインはロングボールを放りまくるという戦術都倉のまま。
菅は競り勝てないのに菅に向かってロングボールとか、可愛くない系女子が美容院で「石原さとみにしてください」的な残酷さがあります。

当然、前線で収まるはずもなく、マイボールにしてもすぐ相手ボールになる繰り返し。
前半終了時点で支配率30%前後という恐ろしい状況でした。

都倉がいると都倉頼みになってしまうけど、都倉がいなければちゃんとしたパス回しで攻撃をするチームになるはず、、、という淡い期待は消え失せました。

戦術都倉の後遺症は根深い

ただ、河合は置いといて福森はロングボールしか蹴れない選手ではないので、これだけ徹底して放り込みしかしなかった、というのは札幌としては都倉がいなくても放り込む、という共通認識があったのかもしれません。
だとすると、なぜ前線は早坂じゃなく菅だったのか、、、という疑問が沸いてくるのですが。。。

今回の戦い方はコーチ陣に対して非常に疑問に思うものでした。


【ポイント③:最後の最後は戦術ソンユン・戦術福森
この試合、試合内容としては最悪最低の部類でした。
チームとしてまったく機能しておらず、このままズルズル負けてもおかしくない状況。
そこで踏ん張れたのは、まずはソンユンがピンチを何度も救った事が大きかった。
特に大前との1対1。
もしこれを決められていたら終戦でした。
守備組織が完全に崩壊した中、ソンユンがいる事によって辻褄が合った、そんな感じです。

そして福森。
攻撃が組み立てられていなくても、まったくチャンスがなくても、フリーキックのチャンスさえあれば試合をひっくり返してしまう力がありますが、この試合、2回も直接決めて同点にしてくれました。
直接決めたフリーキックは2回とも数試合に1回あるかないかの非常に難易度の高いものでした。
それを決め続けた福森、、、まさに救世主でした。

この2人の活躍でなんとか同点に追いついた札幌。
まさに劇的と言えるものでしたが、でも、試合内容自体は最悪中の最悪だった事は忘れてはいけません。
あまりに劇的すぎる試合だったがために、コーチ陣もその雰囲気に流されてしまい、全てうやむやになって今までの課題が清算されないまま中断期間が終わる、、、その事がないように願うばかりです。。。



個人的MVP


福森選手です。


これはもちろんです。
今日のフリーキックは2回ともワールドクラス、全てdaznのベストゴールにノミネートされるレベル。
試合の流れに関係なく、試合を決められる選手がいるというのは心強いですね。
札幌に来てくれてありがとう、という気持ちしかありません。

今後も何度となくチャンスがあると思いますけど、この試合から確変してバンバン決めるような事があれば、DFなのにチーム得点王、というのも見えてきそう(笑)

今後、ヘイスも福森も直接フリーキックで狙える、というのはチームとして非常に大きいですね。



個人的ワースト選手


河合選手です。

正直、あまり期待はしていないのでこれまでもそれほど名前を上げる事はありませんでしたが、今回は失点に直結するミスをしたのでワースト選手に上げました。

元々強みは空中戦の強さだけでしたが、この試合はその強みである空中戦で簡単に負けボールを繋がれた事により失点。
これはいただけないです。

河合が空中戦で負けてしまうようになったら、河合が出ている意味はまったくなくなります。
去年、J2でもほとんど出場できなかったのに、J1で通用する事を期待する、という事自体が酷かもしれませんが、それにしてももはや限界。

河合が出なくても済むような手を打つ必要があるのではないでしょうか。
横山が出場できない場合は河合しかいない、というのは非常にキツいです。


 

その他のトピック


今回のほかのトピックは以下の通り。

①内村もJ1で通用しないなぁ。まったくの空気だったのが残念。

②早坂は左WBだとダメだねって事を再確認!

③菅ちゃんはFWとしての動きは良いものあったけど都倉の代用として出されるのは辛いね!

④菊地のボールさばきに守備、見せ場たっぷりだった!

⑤マセードが躍動した試合!そしてそれをちゃんと見ていた宮澤!

⑥ヘイスがボール持つと常に可能性感じる!

⑦そろそろ小野を出してどうしたいのか教えてください四方田さん!

⑧クソ審判だったけど今日は札幌寄りのクソ審判だったね!


こんなところでしょうか。
さて、次回はホーム、札幌ドームでレッズ戦です。

理由はまったくないけどレッズには勝てそうな気がする!ミシャ監督に引導を渡してやろうぜ!!!

【補強】元ジュビロのFWジェイ・ボスロイド選手が新規加入

札幌が残留するため、フロントが動きました。

ジェイ・ボスロイド選手
北海道コンサドーレ札幌に加入できて嬉しいです。選手もスタッフもみんな暖かく迎えてくれました。札幌の素晴らしいファンの声援に応えるには、結果を残すことが重要だと考えています。私はゴールを決めるのが大好きですが、それよりもチームの勝利に貢献したいと思っています。試合に出られる日がくるのが楽しみです。今日からハードワークしていきます。Forza Sapporo!

http://www.consadole-sapporo.jp/news/20170731436/


元々ジェイ選手は3月の時点で「Jリーグクラブに夏加入予定」という報道が出ていました。
そのジェイ選手が札幌に加入。
「札幌フロントが3月時点で話を付けていたのか」とザワザワしましたが、三上GMが公式に否定。
3月時点で別チームが声をかけていてそれは消えてなくなり、6月ぐらいから補強の可能性を探っていた札幌がジュリーニョ選手のアキレス腱断裂をきっかけに動いて加入、という流れのようです。
また、三上GMはジェイ選手以外にも「大宮戦まで見極めて」さらなる補強も視野に入れているようです。
今季、札幌フロントは本気のようですね。

ちなみにジェイ選手の出場可能タイミングですが
外国人枠はジュリーニョ選手を抹消してジェイ選手を登録。
これは各節の締め切りタイミングで可能なためもう実施したようです。
ではすぐ出場できるか、と言えば、ジェイ選手のビザ手続きが終わるのが7月下旬のようで、出場もそれから。
最短でルヴァンカップのセレッソ大阪戦から出場可能となるようです。

ではジェイ選手、どんな選手なのか調べてみました。


・得点能力が極めて高く、出場すれば得点を期待できる
・ジャンプ力があり、空中戦は高確率で勝てる(2016年空中戦勝率1位)
・元々ウイングの選手であるためスピードがあり、カウンター時に1人でゴール前まで運べる

・シュート精度が高く、シュートすれば高確率で得点になる
・ポストプレー、キープ、パス、どれをとっても一流
・ボールがこないとイライラしてチーム戦術を無視してボールを貰いに中盤に降りてきてしまう
・スタミナがなく90分は持たないし走らない(平均走行距離9キロ)
・なのに途中交代させるとイライラを爆発させる
・守備時にほとんど走らないため、チーム全体の守備人数に数えられない
・能力が高いがゆえにチームメイトのいい加減なプレーに許せず言い争いが絶えない
・自分の気持ちを最優先させるため監督の言う事を聞かない事も多々



能力が高いのは間違いなく、都倉の上位互換、というイメージでしょうか。
ただ、かなり気難しい、チーム戦術にジェイを入れるのは至難の業のようです。
しかし、現在チーム戦術がないに等しい札幌にとっては大きな問題にはならなそうです。
それより『戦術都倉』状態の札幌にとって、ほぼ違和感なく『戦術ジェイ』にできるのは大きな強みになる事でしょう。
都倉とジェイの2トップは限りなく相手にとって脅威でしょうし、ヘイスとジェイの2トップは相乗効果が高く得点力アップを期待できるでしょう。

戦術を変えずに得点力をアップさせるにはこれ以上ないぐらい打ってつけの選手である事は間違いありません。
ジェイ選手の加入によってグッと残留を引き寄せたいところです。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ